寝ている女性

風俗求人で分からない事は積極的に尋ねます

雑誌やネットに掲載している風俗求人は、どの店舗も形式的な感じで給料などの情報を掲載している傾向で、仕事の内容や報酬の額などの実情は分からない場合が多いです。高級店は利用客の単価が高いイメージが浸透しているので、報酬は高くなるという印象が強いです。
サービス料が高いほど利用客が求める品質が高くなるので、厳しく採否を決めている高級店が多いです。風俗の業界を経験していない人がネットなどで公開する風俗求人を頼りにして入店しても、待遇などに納得できない事を鑑みて実際に現場まで働くまでは分からない事を積極的に質問する意識を持ちます。
風俗求人の応募者にとって面接では志望動機などをアピールする印象が強いが、仕事の詳細などを質問する時間が設けられている店が多いです。質問をいくつか行って返答の内容に納得して、採用が決まった時に後から分からない事を電話などで尋ねる事も構わないです。入店してから風俗の仕事や待遇で疑問点が出た時でも積極的に尋ねても良いので、分からないまま風俗の仕事に従事しない事が大切です。積極的に他のキャストやスタッフに思っている事や疑問点などを聞き、現場で納得して働ける為には面接の前からいくつかの質問の事項を考えておく事を心掛けます。